兼子産業株式会社シンボルマーク
兼子産業株式会社

カウンターフォークリフトの操作レバーと配列について解説


カウンターフォークリフトは複数の操作レバーがあります。似たような形のレバーが並んでいて、操作に迷ったり困惑したりしたことはありませんか?
誤操作を防ぐためにも、レバーの種類や並びを理解して、安全且つ正確な操作を心掛けましょう。

カウンターフォークリフトの操作レバーの種類

カウンターフォークリフトの操作レバーは3種類あります。

  • 前後進レバー
  • 操作レバー
  • コンビレバー

前後進レバー

カウンターフォークリフトの前後進レバーは下図のようにハンドル後ろの、左側か右側に付いています。乗用車で例えるとウィンカーやワイパーの位置と言うとわかり易いかもしれません。

前後進レバー

レバーを上に向けると前進、下に向けると後退、真ん中がニュートラルになります。
カウンターフォークリフトではハンドルを左手で握っていることが多いため、前後進レバーが右側に付いている事が多いようです。

操作レバー

カウンターフォークリフトの操作レバーの種類とそれぞれの操作、動作について纏めます。

操作レバー
レバーの種類操作・動作
リフトレバー前方に倒すとリフトが下降し、手前に引くとリフトが上昇します。
チルトレバー前方に倒すとマストが前傾し、手前に引くとマストが後傾します。
サイドシフトレバー前方に倒すと左にシフト、手前に引くと右にシフトします。
回転レバー前方に倒すと左回転し、手前に引くと右回転します。
プッシュプルレバー前方に倒すとクリッパー開き、手前に引くとクリッパーが閉じます。

※特殊な仕様のフォークもありますので、実際の操作と異なる場合もあります。使用するフォークの操作を事前によく確認するようにしてください。

コンビレバー

コンビレバーは前後進レバーと操作レバーが一体化になったレバーのことです。コマツカウンターフォークリフトのアリオンという機種で実装されています。
レバーが一体化しているので、操作の工程が減り作業効率も良くなります。 また、レバーがシートの横に設置されているため疲れにくいというメリットもあります。

水平チェッカーバナー
フォークリフトマーカーバナー

カウンターフォークリフトの操作レバー配列

カウンターフォークリフトの操作レバーは通常2本である事が多く、左がリフトレバー、右がチルトレバー、の配列になります。運転者の事を考えた配置になっているため、使用頻度の高い順に、運転者に近い左から配置されていると覚えておきましょう。

操作レバーが3本配置の場合は、サイドシフトレバーである事が多く、操作レバーが4本配置の場合はサイドシフトレバーと回転レバー又はプッシュプルレバーであることが多いようです。レバー配置は変更もできるため特殊な配置をしているケースもあるので、事前によく確認をするようにしましょう。レバー表示を確認し慎重な操作が必要です。

ハンドルレバー写真

操作レバー3本配列の場合

真ん中
リフトレバーチルトレバーサイドシフトレバー

操作レバー4本配列の例

左端左中右中右端
リフトレバーチルトレバーサイドシフトレバープッシュプルレバー
(回転レバー)

まとめ

カウンターフォークリフトの操作レバーの配置は、上記の通り規則性がありますので、よく覚えておくようにしましょう。特殊な仕様もあるので、使用前に必ず操作レバーの動作や配置を確認してから使用するようにしてください。
操作レバーの配置、種類、動作をよく理解した上で、安全且つ正確な操作を心掛けましょう。