兼子産業株式会社シンボルマーク
兼子産業株式会社

フォークリフトのエンジンがかからない時の原因と対処法を紹介


フォークリフトのエンジンのかけ方

ディーゼル車の場合

キースイッチをONの位置まで回してグローランプ表示灯が消えるまで待ち、キースイッチを回してエンジンを始動させます。
グローランプはグロープラグが予熱しているサインで、特に気温の低い冬場はグローを使用せずにエンジンを始動させるとクランキングが長くなり、バッテリー上がりの原因になります。
キースイッチを回して10秒以内にエンジンが始動しない場合は、一度キースイッチをOFFの位置に戻し、30秒くらいおいてから再度始動させましょう。

ガソリン車の場合

キースイッチをスタートの位置まで回してエンジンを始動させます。
エンジンが始動したらキーから手を離し、暖機運転をしてエンジンを暖めましょう。
キースイッチを回して10秒以内にエンジンが始動しない場合はバッテリー上がりの原因になりますので、一度キースイッチをOFFの位置に戻し、30秒くらいおいてから再度始動させましょう。

すべらんマットバナー

フォークリフトのエンジンがかからない原因と対処法

燃料切れ

⇒給油

エンジン式フォークリフトの場合、まずはガソリンメーターを確認しましょう。燃料を切らしてしまっている場合は燃料の給油が必要です。

注意点としてはディーゼル車の場合、燃料タンクが空になってしまうと燃料タンクと燃料噴射ポンプ間の配管内にエアーが入ってしまい、燃料をエンジンまで送ることができずエンジンが掛からないといった不具合が起こる事もあります。そのため燃料切れの際はエアー抜きも必要になりますが、エアーがうまく抜けない状態で無理にエンジンを掛けると燃料噴射ポンプやスターター等に負担が掛かり不具合に繋がる可能性がありますので、専門業者に点検してもらうと良いでしょう。

レバー位置

⇒シフトレバーをニュートラルに入れる

シフトレバーがニュートラルの位置にあるか確認しましょう。ニュートラルに入っていないとエンジンは始動しないため、その場合はシフトレバーをニュートラルに戻して再度エンジンをかけましょう。

フォークリフトマーカーバナー

バッテリープラグ

⇒バッテリープラグの差込みとケーブルの確認

緊急停止装置を作動させるとバッテリープラグが外れるようになっているので、再度差し仕込んで復旧させます。
バッテリーフードを開けて外れたプラグを接続すれば復旧しますが、バッテリーケーブルが切れている場合は専門業者に依頼して修理しましょう。

着座感知装置の作動

⇒正しい位置に着座する

運転席から離れた時にフォークリフトの走行や荷役ができなくなる装置で、OPSやインターロックと呼ばれています。
着座感知装置が作動するとエンジンはかかりません。
シートへの座り方が浅い場合でも着座感知装置は作動しますので、シート中央の正しい位置に着座しましょう。

長期間使用していない

⇒エアー抜きやアクセルを使ってエンジンを始動させる

ディーゼル車は長期間使用しなかった場合は燃料系統にエアーが入り、エンジンがかかりにくくなることがあります。
スタートキーを数回回してもエンジンがかからないようであれば専門業者に点検してもらうとよいでしょう。

ガソリン車の場合はアクセルペダルを数回踏み込んで離し、スタートキーを回してエンジンを掛けてみましょう。

その他、ヘッドライトが点灯しないか暗い場合はバッテリーが上がっている可能性があります。

水平チェッカーバナー

まとめ

朝一番の暖気運転やグロースイッチの使用は寒くなる季節はもちろんですが、季節に関係なく行いましょう。
フォークリフトのエンジンがかからない場合、まずはシフトレバーの位置や燃料切れ、着座感知装置の作動、バッテリープラグの抜けを確認しましょう。
それでもエンジンがかからない場合は専門業者に点検してもらう事をおすすめします。