- 改善事例 -
③差し込み長さの誤認を大幅に改善する方法とは?

爪に貼るだけ! 消えないマーキング
差し込み長さを見える化!

1.奥行き方向に2列並んだ荷物のうち、手前の1列だけ持ち上げるのは、意外に難しい!?


フォークリフトオペレータからの目線では、フォークの差し込み長さは掴みにくい・・・手前の1列だけ持ち上げる、壁際に置かれたパレットを持ち上げる事って以外に難しい・・

フォークの差し込み具合は難しい

2.フォークの爪にペンキで塗料・・・1~2週間で消えてしまう・・


フォークにペンキで印を付けても、擦れて消えてしまう・・消えたらまた先端からの距離を測って塗り直す必要があり手間がかかる

フォークにペンキで目印

3.消えない様にフォークの爪を削って塗装するのは、車検でOUT・・・


インクが擦れて消えないように、グラインダーで爪を削って塗布しようとしても・・・爪を傷つけるとフォークリフトの車検でダメみたいです・・

フォークを削ると車検でNG

4.爪に貼るだけ? 消えない目盛で差し込み長さを見える化!


透明な高強度樹脂でコーティングされたマーキング「フォークリフトマーカー」を貼れば、パレットに擦っても目盛(印字)が消えない! これは便利。フォークリフトの爪に貼るだけで、フォークの爪がものさし代わりに!! これで誰でも差し込み量が視覚化されますね。

フォークリフトマーカーは消えない目印
フォークリフトマーカーは爪に貼るだけ
フォークリフトマーカー装着して金属パレットの荷扱い
フォークリフトマーカー装着して木製パレットの荷扱い