- 改善事例 -
①荷物の滑りや落下を大幅に改善する方法とは?

注意喚起と併せて、
滑り止めゴム突起など物理的な対策で事故を防止 !

1.作業者への注意喚起と、事故対策書の共有


どの材質のパレットが滑りやすいか、どのような動きで滑りが起こりやすいかを明確にして伝え、作業者への注意喚起を徹底する。また事故後の対策書を一緒に書いたり、完成させた事故報告書を作業者にもしっかりと共有する事で、事故の重大さを認識させる。

気を付けろと指示する写真
事故報告書の写真

2.滑り止めゴムが付いたパレットを使用する


滑り止めゴムが付いたパレットを利用する。ゴム部分の面積も大きくはない為、滑りを大幅に軽減できるとは言い難いが、無いよりは効果的。

樹脂パレットの滑り止め

3.滑り止めゴムをフォークリフトの爪に接着する


滑り止め用の黒ゴムをフォークリフトの爪サイズに加工して、接着剤等で貼り付ける。あまり分厚くなるとパレットに挿入できなくなるため、パレットやラックの間口を考慮した上でゴムの仕様を決定する。

分厚いゴム

4.フォークリフトの爪に突起を溶接する


フォークリフトの爪に溶接で突起を付けて、物理的に滑りやズレを抑制する。

フォークリフトの爪自体に加工を施すことが法令上問題無いか確認が必要。

5.着脱可能な滑り止めマットで、荷物に合わせて使い分け!


裏面がマグネットになっている滑り止めアタッチメントであれば、荷物に合わせて簡単に着脱が出来るので便利。滑り止め機能が邪魔になってしまうような作業の場合には、取り外して、マストに貼っておける為、実用性が高い。

簡単に脱着できるフォークリフト用滑り止めマット
薄くて強いフォークリフト用滑り止めマット
作業性の高いフォークリフト用滑り止めマット
すべらんマット装着して樹脂パレットを運ぶ