ありませんか?玉掛け作業中のヒヤリハット・・・
ありませんか?玉掛け作業中のヒヤリハット・・・

ワイヤーの位置調節中に手が挟まれる・・・

ありませんか?玉掛け作業中のヒヤリハット・・・

吊り荷が揺れ、柱や壁の間に手が挟まれる・・・

従来の手カギ
logo

◆さわらん棒の特徴、作業性を動画でご確認ください!

一般社団法人日本クレーン協会が発行する月刊紙『クレーン』(2022年6月号)

さわらん棒が、玉掛作業中の挟まれ災害防止対策として、一般社団法人日本クレーン協会が発行する月刊紙『クレーン』(2022年6月号)に掲載されました。

ノータッチ玉掛け用伸縮手カギさわらん棒ロゴの特徴

1秒で伸縮!! 使いたい時に、サッと取り出し、サッと使える!


収納時(350㎜)から最大1070㎜まで

収納時(350㎜)から最大1070㎜まで、1秒で伸縮でき、好きな長さで固定できます。(特許技術)

1秒で伸縮できる手カギ棒はさわらん棒だけ
レバー式(三脚式)や回転式(物干し竿式)

レバー式(三脚式)や回転式(物干し竿式)だと、伸縮自体に時間がかかり、、現場作業には不向き。。。

さわらん棒
さわらん棒

サッと取り出し、サッと使える!1秒でカンタン伸縮!

押す、引く、回すが手のように扱える先端形状


手のように扱える先端形状

手の代わりに、吊り荷を押したり、引いたり、回したり、が簡単に行えるよう、先端形状を設計。
荷物の角にもガチッとはまり、吊り荷の制御が誰でも簡単に行えます。

抜群の携行性


抜群の携行性

先端部と伸縮パイプ部分は全てアルミで出来ており、伸長時でも抵抗なく使える軽さを実現しました。
女性の作業者の方でも、抵抗なくご使用いただけます。

さらにコンパクトで、軽量な「さわらん棒」、NT-60 が登場!!

吊り荷の揺れ・回転を、さわらん棒で制御

さらに・・専用ホルダーで「さわらん棒」の常時携行をサポート

1秒伸縮

伸縮自在、常時携行可能なさわらん棒ロゴで、ノータッチ玉掛を実現します

ノータッチ玉掛用手鉤棒(さわらん棒)で吊り荷を制御する写真玉掛け用伸縮手鉤棒(さわらん棒)で鋼材の振れを制御する写真
ノータッチ玉掛用手カギ棒(さわらん棒)でワイヤーの位置調整をする写真玉掛け用伸縮手鉤棒(さわらん棒)でワイヤーの位置を調整する写真
安全な玉掛用手鉤棒(さわらん棒)でスリングを引く写真玉掛け用手カギ棒(さわらん棒)でナイロンスリングを引く写真
安全な玉掛用手鉤棒(さわらん棒)で吊り荷の振れを制御する写真玉掛け用手カギ棒(さわらん棒)で手の代わりに位置調整をする写真
全国どこでも短納期で直送致しますデモ品を無償でお貸出しできます法人様であれば商品到着後のお振込で可
担当窓口
<< 全国の玉掛け作業のヒヤリハット事例 >> ※日本クレーン協会のヒヤリハット事例より一部抜粋
●玉掛けワイヤーロープに手指を挟まれそうになった。
 玉掛け用ワイヤーロープを左手で持った状態で巻き上げの合図をした。玉掛け用ワイヤーロープに取り付けたあるハッカーの爪が材料に引っかかり、玉掛け用ワイヤーロープが揺れ、ワイヤーロープの間に手指を挟まれそうになった。
●玉掛けロープに手袋を挟まれ
製品切断屑の入ったスクラップバック(金属製ボックス)を運搬するために玉掛け作業をしている時、玉掛け用ワイヤーロープのアイをBOXのフックに掛け右手をアイに添えたまま巻き上げの合図をしたところ、玉掛けワイヤーロープが張り、軍手の先端がフックとアイに挟まれた。
●吊り荷と枕木の間に指を挟まれ
船舶エンジンを製造している機械工場において、天井クレーンにより別の場所に移動させ荷卸し作業をしていた時、床上30cm位の所で一旦停止し、3人の地上作業者が枕木を敷き終わるのを待っていた。製品を着床させるために微動操作により巻き下げていたところ、作業者の一人が枕木の位置を直そうとして枕木に触れていたため、製品との間に指を挟まれた。
ご使用上の注意
●安全を保障する商品ではございませんので、使用中の労災事故、物損事故についての責任は負いかねます。
●手の代わりとして御使用いただく為の製品です。手の力で対応できない程の荷重の制御は出来ません。
●無理な力で締め過ぎてしまうと伸縮機構部分が傷んでしまうので、締め過ぎにご注意ください。
(※ペットボトルのキャップを締める程度の力で十分固定されます)
●伸ばした状態で高所から落としたり投げたりすると、伸縮機構部分が傷む可能性がございます。
警告マークお気をつけください!
模倣者牽制サイトへリンク

弊社の商品に関しては、「実用新案権、商標登録、特許権、不正競争防止法、並びに著作権によって保護されています。これらの権利に抵触する行為、あるいは不法行為を発見した場合は、弊社は模倣防止協会を通じて対処致しますので、ご注意ください。